バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

鮫島事件の本当の真実【2ちゃんねるの怖い話】

   


鮫島事件の概要

鮫島事件の本当の真実【2ちゃんねるの怖い話】

鮫島事件(さめじまじけん)は、匿名掲示板2ちゃんねるなど主に日本のインターネット上で時折言及される事件。「何らかの理由で真実が隠蔽されており絶対に語ってはならない内容である」、という文脈で語られる項目であるが、実際には都市伝説を装ったジョークであるとされている。

鮫島事件が知られるようになったのは、2001年5月24日に匿名掲示板2ちゃんねるのラウンジ@2ch掲示板(以下ラウンジ板)に立てられた「伝説の「鮫島スレ」について語ろう」というスレッドである。その最初の内容は、

ここはラウンジでは半ば伝説となった「鮫島スレ」について語る
スレッドです。知らない方も多いと思いますが、2ちゃんねる歴が
長い方は覚えてる人も多いと思います。
かくいう俺も「鮫島スレ」を見てから2ちゃんねるにはまった
ひとりでして、あれを見たときのショックは今でも覚えています。
誰かあのスレ保存してる人いますか?

— 22世紀を目指す名無しさん(ID:yWtu.nZk)

というもので、事件を知らない人の好奇心を誘う書き方であり、追随した人々がおのおの、事件の内容やネット上の反応について断片的な書き込みを始めた。その後、このスレッドを発端として鮫島事件に関するスレッドが幾つも立てられ、その流れの中で、「鮫島=タブー」という暗黙のルールが出来上がり、人が死んだ、公安が絡んでいるなどの設定が追加されていった。

その後も、ふとしたきっかけから鮫島事件という名前を耳にした人の「鮫島事件とは何か」という書き込みに対して、片や「ネタ(真実を装った悪ふざけの意味)だからやめろ」という否定的な書き込みや、一方「あれは2ちゃんの影の部分だ」「あの事件のことを思い出させるな」などの一見肯定的に見られる書き込みがあり、本筋を伴わなまま断片的な情報だけがたくさん追加されていくことで、「本当のところは教えてもらえないけれど何かあるらしい」というイメージが形成され、事件の名と共に流布されていった、とされている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AE%AB%E5%B3%B6%E4%BA%8B%E4%BB%B6

あの事件は大型掲示板「あめぞう」で起こった。
まず鮫島事件の持つ影響力を物語る事例を。

あの事件以降「鮫島」という偽者の人物が
冗談で鮫島を装って書き込みをしていたが、ユーザーに叩かれた。
そのせいで鯖が三つも落ちたのであめぞう住人の反応は凄まじかった。
「あめぞう」衰退の原因がこれも含めて一連の鮫島事件に起因すると思われる。

前置きはここにして「鮫島」にここまでの嫌悪感、過剰反応を取らせた事件に迫ってみよう。
ヒントは実況系。
鮫島というコテハンをオフでJR柏駅前に呼び出し20人で殺した。
その模様を実況したのが「鮫島スレ」というスレッド。
鮫島事件が語られる時にキーワードとして出る「血の16画像」は
その実況の際UPされた画像のことである。
これらの画像はグロ耐性がある人でも無理そうな程だという。

なぜ鮫島がリンチされるに至ったか?
彼はあめぞうでビデオ販売をしていた。
ビデオの内容は障害者学級の女児をレイプししまいには殺してしまうといったもの。
そのうちビデオの撮影者が鮫島本人ではないかという憶測が飛び交った。
鮫島本人がそれを否定せずに何も語らないまま放置していたので真実味さと不気味さが増していった。
そのビデオを買った物の正確な数は不明。
とにかくそのビデオの評判は悪かった。
そこであるコテハンeomという男が鮫島にオフを持ちかけた。
リンチの首謀人は彼である。
そして柏駅にはeomによる策略で鮫島は集団で殺された。
しかしその鮫島は本人ではなかった。
鮫島を語った偽の鮫島は殺害された。
あめぞうに現れた偽の鮫島の叩かれ方もこれに所以する。
そして当の鮫島本人はその実況で男の虐殺される経過を見て激昂した。
後日書き込みからリンチに加わった人たちの住所を特定し、2人を殺した。
その事を書き込みする。
また鮫島スレに関与した者は皆殺しにしてやる、とも書き込んだ。
これはあめぞうユーザーを震撼させた。
この時点ではまだ警察には発覚していなかった。

eomは鮫島に必ず殺されるであろう事に脅え警察に自主する。
しかし警察は閉口。
ネットがさほど浸透していなかった当時にすればこの事件は極めて異質だった。
そして県警は対応しきれずに事件の究明を放棄した。
普通の殺人事件として処理し、一人の男が殺された事にある背景を無視した。
現在、公安はこの過去の汚点を隠蔽。
曝されると希代の不祥事になってしまうので極秘で逃亡中の鮫島を追跡している。

http://miekk.blog.fc2.com/?mode=m&no=263

現在「血の16画像」で検索してもその画像がひっかかることはない。。。

鮫島事件 孤島説

「鹿児島県沖に浮かぶ鮫島、ここに5人の2ちゃんねらが遊びに来た。
 しかし、彼らはそのまま行方不明に。
 ついには鮫島周辺の捜査が行われたが、彼らを発見する事は出来なかった。
 やがて半年ほど後。そのうちの四人は白骨死体となって発見され、
 それぞれにゆかりの場所へと送り届けられた。
 しかし、公安関係者の身内とされる最後の一人の行方は、依然として知れないままだった。
 そして、四人の遺骨が送り届けられた翌日、
 2ちゃんねるに最後の一人と思われる人物の書き込みがなされた。「鮫島にいる」と。

 しかし、このとき2ちゃんねるは投稿者のIPを記録するシステムをとっておらず、
 果たしてこの投稿者が最後の一人なのかどうかを判断する事が出来なかった。
 その後、再び捜査班が鮫島に入ったところ、この最後の一人と思われる人物の死体を発見した。
 この死体は動物に食い荒らされ、
 激しく損傷していたが、その中には人間のものと思われる歯形も残されており、
 また頚部には圧迫されたような痕跡があったという。

http://blogs.yahoo.co.jp/kasahirou/15198455.html

鮫島事件 リンチ説

「まず正確には例の事件は2ちゃんで起きたものではない。
 あの事件は2ちゃん以前に 存在した大型掲示板「あめぞう」で起こった。
 まず最初に事件とは直接の関係は無いが、 鮫島事件の持つ影響力を物語る事例を。
 
 あの事件以後、鮫島というハンネを持ったやつが現れた。
 無論、偽者だ。そいつは冗談で鮫島を装って書き込みをしていたのだが、
 それがあめぞうのユーザーにはジョークとして受け入れられず散々に叩かれた。
 こいつのせいで鯖が三つも落ちたから、
 あめぞう住人の反応たるやそれはそれは凄まじかった。
 「あめぞう」衰退の原因はこの偽者も含めて、一連の鮫島事件に起因すると思われる。

さて、前置きはここいらにして鮫島というハンネにここまでの嫌悪感、
 過剰反応を取らせた事件の核心に迫ってみよう。ここからはsage進行に協力してくれ。
 ヒントは2ちゃんねるでいう実況系。
 鮫島というコテハンをオフでJR柏駅前に呼び出し20人でリンチし殺した。
 虐殺と言ってもいい。その模様を実況したのが「鮫島スレ」と呼ばれるスレッドである。
 鮫島事件が語られる時、「血の16画像」という単語がキーワードとして出るが、
 それは実況の際うpされた画像のことである。
 柏駅の看板を撮った1枚目から始まり、
 最後の16枚目には殺された鮫島の千切れた指だけが写っている。
 これらの画像の残虐性はグロ耐性のある人でも目を背けそうになる程のものだという。
 背景に潜む性質上、出回ることの無い画像である為、
 俺も全ては見たことが無いが、見ることの出来たすうまいは相当なものだった。

 ちなみに過去2ちゃんで起きた「ディルレ事件」。
 有名な猫虐殺実況スレでうpされた画像の中で殺された子猫の首にディスクが巻かれ、
 「私は敗北主義者です」と書かれていた。
 これは件の画像集をパロディーにしたものだった為、
 当時の住人の逆鱗に触れて祭り状態になった。
 さて、何故鮫島がリンチされるに至ったか?彼はあめぞうでビデオ販売をしていた。
 ビデオの内容は障害者学級の女児を虐待強姦して嬲り、
 最後には殺してしまうといった鬼畜ビデオである。通称「みずき」と呼ばれる。
 そのうちビデオの撮影者が販売者の鮫島本人であるのでは無いか、
 という憶測が飛び交った。
 鮫島本人がそれを否定せず自らの素性について何も語らずに、
 煽られるままに放置していたので却って真実味さと不気味さが増していった。
 鮫島からビデオを買った者の正確な数は不明。ビデオに関する補足は後述する。
 とにかくそのビデオの評判は悪かった。
 そこで正義感に燃えたあるコテハン、eomという男が鮫島にオフを持ちかけた。
 リンチの主謀人は彼である。
 そして柏駅にはeomが仕組んだ策略により鮫島は集団リンチされ殺された。

 が、これだけではタブーにはならない。
 オフに現れた鮫島と思われた男は本人では無かった。
 調子に乗って鮫島を語ったばっかりに、偽の鮫島は殺害された。
 あめぞうに現れたニセの鮫島の叩かれ方も、これに所以する。
 一連の事実を知る住人からは、極めて不謹慎に見えたのだろう。
 2ちゃんであれば許容されたかも知れないジョークも。
 そして当の鮫島本人はというと、その実況で男の虐殺される経過を見て激昂した。
 どういった技術を用いるのかは俺は知らないが、
 後日書き込みからリンチに加わった人達の住所を特定し、
 分かっているだけでも2人を殺した。
 その事を鮫島は前回の報復であると書き込みをする。
 また鮫島スレに関与した物は皆殺しにしてやる、とも書き込んだ。
 これはあめぞうユーザーを震撼させた。
 この時点ではまだ事件の事は警察に発覚していなかった。
 その頃、ネット掲示板は現在と違いまだ極めてアンダーグラウンドなものであった。

eomは主謀者である自分が、鮫島に必ず殺されるであろう事に脅え警察に自主する。
 しかし警察は事件の経緯を知り閉口。
 ネットがさほど浸透していなかった当時にすればこの事件は極めて異質であった。
 被害者は実は無関係者、
 加害者は正義感に燃え私刑を加えようとするも、
 その方法は集団でのリンチでしかも被害者が苦しむ様を実況し、
 それをカメラに収め公開するなどの猟奇性を持ち併せた愉快犯的側面もある。
 殺害目標となった当の鮫島は、
 知的障害者の女児を強姦殺害したポルノビデオをネット上で売り捌き、
 リンチのあったことを知って復讐として関係者2人を殺している。
 あめぞうという掲示板自体にはまず、
 そういった類のビデオの販売を黙認した罪と同じく、
 残虐な犯行の実況も放置していた罪がある。
 そして県警は対応しきれずに、あろうことか事件の究明を放棄した。。
 普通の殺人事件として処理し、一人の男が殺された事にある背景を無視した。
 現在、公安はこの過去の汚点を隠蔽、曝されると希代の不祥事になってしまうので
 巷にこのことが暴露されないように、極秘で逃亡中の鮫島を追跡している。

 後、eomとハンネは「厳」という苗字のハングル読み。在日韓国人だ。
 在日が絡んだために、余計に警察は面倒に思い操作がおざなりになったとの見解もある
 公安はこの事件自体を無かったものにしたいらしい。
 事件の存在を否定、躍起になって隠蔽している。
 「鮫島事件」に触れるとき、必ず「消されるぞ」というレスがつくのも、
 住所特定能力を持つ鮫島が現在も野放し状態である事と、
 警察の不祥事といったことに纏わる。

 この事件にはネット掲示板の匿名性が孕む危険性と、
 それ故に自制心のタガが外れてしまうこと。
 在日、障害者、児童ポルノ、警察の怠慢と隠蔽、猟奇的な殺害方法、
 事件自体が恐らく迷宮入りである事。
 また鮫島の素性が元・教師では?と囁かれている事など、様々な要素が混在している。

 そしてもう一つ。2ちゃんでこの事件が禁忌とされる本当の理由。
 それは例の「鮫島スレ」に2ちゃん管理人ひろゆきの書き込みがあったからである。
 それがどういった類の書き込みであったかは、
 事件直後の「あめぞう」閉鎖により知る由も無いが、
 2ちゃんで行われる、鮫島関連の真相に触れた書き込みの削除などから推測すると、
 悪意の篭ったものであったのかも知れない。
 現在、鮫島事件は「牛の首」という恐怖噺のように、
 中身の存在しないジョークであるという認識のされ方が定着しているが、
 それが隠ぺい工作の一環であるという事を、忘れて欲しくない。

 この書き込みをするには大変な決意が要った。
 決して忘れて欲しくない。書き込みが消される前に是非保存して貰いたい。
 その後、この事実を広める広めないのは貴方たちの判断に委ねる。

 最後に一言自分の主張を述べて書き込みを終える、

 この事件がやがていつかは表沙汰になり、
 それによって、ネットを含めた日本社会が浄化される事を希求してやまない事を。
 では。

http://blogs.yahoo.co.jp/kasahirou/15198455.html

その他の色々な説や情報

・「ブラジル人の嫁が、まだ行方不明」らしい。
・鮫島の息子が教室をやってたのが発端という。
・料理人が生き残っている。その料理人は何かと恨まれている模様。
・2ちゃんねる管理人も、鮫島事件に関しては自粛するように言ってた模様、
 しかし「アレはアレで決着ついたように言ってたのがムカツク!
 問題の根本を取り間違えている!」という声もある。
・詳細を明らかにすると、2ちゃんねるの存亡に関わるらしい。
・「息子は京都のR命館。千葉は料理人のほうだYO。」との情報。
・鮫島秀男という名前が挙がる。秀男はEOMらしい。
・代議士の名前はヒデオじゃないらしい。
・森がEOMと企んでいるという、神の国発言とは一体・・・。
・「鮫島宇宙人説」というものがあるらしい。
・「haneta」というキーワードが挙がる。
・「鮫島スレ」は、鮫島を殺した連中が立ててたスレッドで、
 そのスレを最後にぜんぶ消えてしまったらしい。
・FBIに狙われるらしい。これが本当なら「鮫島事件」にはアメリカも関わって来る。
・交通事故説、集団催眠説も・・・。
・「ドリー」という人の作り話?
・ドリーはルンゲにいるらしい。
・鮫島事件が表沙汰になってから、関係者が情報を改竄し、ネタだと思い込ませようとしたらしい。
・最初にネタとしての鮫島事件があり、その後に殺人事件が起こった。
 当初、その殺人事件は鮫島事件と言われていなかったが、
 事件の当事者によって事件名がすり替えられ、この事件がうやむやにされたらしい。
・本当に事件を知っている人物は、「鮫島事件」とは呼ばないという。
更には「某大物政治家の事件隠蔽説」や、「暴力団の金銭争い説」というものもあります。

http://blogs.yahoo.co.jp/kasahirou/15198455.html

いずれも嘘か本当か分からない都市伝説です。

ジョーク説の展開

基本的には鮫島事件は架空の事件であり、その存在自体が、新参者や本気にした者を釣るためのジョークであったと解釈されている。つまり鮫島事件なるものは存在せず、発端となる自作自演以降に追加されていったもっともらしい情報も、ジョークを面白がった者たちによってリアリティを増すために創作され付け加えられた内容ということになる。この事件をジョークとする観点からは、鮫島事件とは「ウェブ上のハイパーリアリティの自走に自覚的な人たちが共犯となって、ハイパーリアリティを自分たちで構築していくゲーム」、「リテラシーを共有するためのネタ」、「互いのリテラシーを確認し合い、高め合うゲーム」であるとされる。鮫島事件というジョークが定着した理由に、掲示板という顔の見えない文字だけのコミュニケーションであること、当時の2ちゃんねるは現在よりもアングラ色が強かったため[2]、実際に事件が起こっていても不思議ではなかったこと、スレッドの参加者によって柏駅・立命館などの実在の固有名詞が次々と追加されていったことなどが考えられる。また、当時の2ちゃんねるは洒落や酔狂を好む気風が強かったことや、テレホーダイを利用する深夜の利用者が多かったことも、怖い作り話を歓迎する背景に繋がったという意見もある。

2ちゃんねるの初代管理人である西村博之の言葉として、「嘘は嘘であると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」というものが知られている。「鮫島事件」は実態不明・実在不明の事件であるにもかかわらず、その後も時折思い出した様に言及され、「それだけはやばい」という反応が書き込まれる。このことは、2ちゃんねるに書き込まれた情報は、とりあえずは嘘として疑ってかからなければならない事と、事の真偽を読み手自身が検証しなければならない事、そして、それが不可能な場合は、真偽の判断は保留したままで、ネタをネタとして楽しむ事が求められているという事を端的に示している。なお嘘の情報が書き込まれることは2ちゃんねるに限らず、不特定多数が書き込む事ができるウェブサイトにおいては(サイトの主旨にもよるが)普通に存在する。

なお発端となるスレッドが立ち、数千もの発言が交わされてから数日後、ラウンジ板にはそのスレッドを立てた張本人を名乗る者が現れ、鮫島事件について知っている口ぶりで発端となるスレッドを立てた人物>>1と、同スレッドで鮫島事件について執拗に質問を繰り返すレス番号>>16が同一のID(識別子)であることを指摘し、これは自分が発想したジョークであり、序盤の>>1番から>>30番までの書き込みの多くは自分の自作自演であると説明している。指摘を行った人物が発端のスレッドを立てた人物と同一人物であることを証明するものは何もないが、発端のスレッドを立てた人物>>1とそのスレッドの質問者>>16のIDが一致していることは、両者の書き込みが同一IPアドレスからのものである可能性を示しており(詳細は「2ちゃんねる#「名無し」の存在」を参照)、自作自演である可能性を裏付ける。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AE%AB%E5%B3%B6%E4%BA%8B%E4%BB%B6

実在説の展開

発端となるスレッドを立てた張本人を名乗る者により、事件がジョークであると宣言された。しかしその後もこの噂は完全には収束せず、鮫島事件は語り継がれ、真偽の定かではない様々な情報が追加され続けている。2ちゃんねる掲示板の仕様上、異なるIPアドレスからの書き込みであっても偶然にIDが被ることは少なくなく、また、本当に事件が「2ちゃんの影の部分」であり、2ちゃんねるの運営や公安警察が絡んでいるのであれば、IDを操作したり、ログを改竄したりすることも可能である。

鮫島事件の噂が広まりネタとして定着したのは、その事件が存在しないことを証明することは悪魔の証明であり、誰にもそれを成し遂げる事はできないことが理由でもある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AE%AB%E5%B3%B6%E4%BA%8B%E4%BB%B6

とはいうものの、ネタ(嘘)である決定的な証拠もなく、なおかつネタではない(=事件は実在した)という証拠もない。いわば悪魔の証明。1つ言うとするならば、この事件を今更とやかく追求するのはナンセンスだということだろう。

映画化

鮫島事件とは、『2ちゃんねらー』同士が「語ってはいけない」という設定で架空の事件について、ただ語りあい、楽しむジョークだと思われていた。しかし、ある日「鮫島事件の真相を知りたい」といつものように書き込まれたスレッドに「しかたない、それでは本当の事をお教えしましょう…」と鮫島事件についての詳細が語られ始めた。その内容とは…
オカルト好きの大学生修平(佐伯大地)と恋人の楓(尾島知佳)は、ネットで“呪い殺される”と話題になっているサイト「赤い部屋」にたどり着いた。それは特殊清掃会社に就職したばかりの楓が初めて清掃に行った、若い変死者の部屋にあったパソコンに表示されていたのと同じページだった…

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE