バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

【ギネス認定】高い温度の世界記録は?【クォーク・グルーオン・プラズマ】

   


出典wired.jp

原子核どうしをぶつけて作られるクォーク・グルーオン・プラズマが人類によって作られた最も高温の物質としてギネスブックに登録されています。その温度は最高で4兆度にも達します。これはビッグバンから数マイクロ秒の宇宙で実現していた温度だと考えられています。現在の宇宙では最も高温です。

クォークとグルーオンでできたスープのような物質です。

光速の99.999%まで加速した二つの原子核どうしを正面衝突させて生成します。
原子核の種類としては金や鉛が使われています。

生成されるクォークグルーオンプラズマはとても小さく、直径 10^-15 メートル程度の塊です。またほとんど一瞬( 10^-23 秒程度)で冷めてしまいますので、危険ではありません。

クォーク・グルーオン・プラズマから出てくる光を使って温度を推定しています。
温度があるものは光を出し、放射される光の波長は放射源の温度を反映しています。人間の身体が赤外線カメラに写るのは、40度くらいの物質が放射する光の典型的な波長が赤外線に一致するからですね。クォークグルーオンプラズマの場合でも、放射される光のエネルギーと量を計測し、そのデータから温度を推定しています。

どこで作ってるの?

大型ハドロン衝突型加速器という世界最高エネルギーの加速器で実験が行われています。 スイスとフランスの国境にあります。

より詳しく知りたい方はこちら

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE