バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

ごく稀に生き返る?!『冷凍どじょう』の注意書きにネットが騒然

   


◆とある"冷凍どじょう"のパッケージに記された注意書きがTwitter上で話題となっています。

投稿者が見つけた「活き締めどじょう」。漁獲後、急速に冷凍することで抜群の鮮度をうたった商品だが、気になる注意書きが。

ンンンンンンンンン!? pic.twitter.com/rtnjFLFKEv

_人人人人人人人人人人_
> ごく稀に生き返る <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

こっわ!こっわいわ!台所で生き返られてみろ、注意書きあってもなくても動揺するわ!!! https://t.co/AZ3kwRZQzR

◆こんなことって…あるの??? "冷凍状態から蘇生した魚"の報告例が相次いだ。

@murasakiigai @Kontan_Bigcat ドジョウ、昔外で飼っていて、冬に水が凍って、春に氷が溶けたら、ドジョウも、元気に泳ぎだして、驚いたことあります。

@jamaryellow @murasakiigai 小学生の時に金魚鉢が凍って、金魚も凍りましたが、水が溶けたら泳ぎだしました。

@murasakiigai わたしも昔飼ってたメダカが冬場凍って、春先普通に泳いでたことが…

◆この商品を販売している担当者の証言は…

株式会社タカミヤは、福岡県北九州市に本社がある日本の釣具の直営小売チェーン店。店舗名は「釣具のポイント」という名称で営業している。

なぜこのような表記が?

企画の段階で生きたまま急速冷凍したところ仮死状態だったものがいたようで、自然解凍後に動いたものが少数いた。

ガチな話だったんだ…(震え)

お客さまにお使いいただく時に突然動くと驚かせてしまうと思い、念のため記載しています。

◆急速冷凍した魚が解凍時に生き返る動画もYouTube上に存在していた。

冷凍庫でカチンカチンに凍らせた魚がおもむろに取り出され、お湯の入ったバケツの中に入れられます。

動画の最初に出てくる保管庫のような凍結装置は、内部がマイナス35度で急速冷凍ができる。そこに魚を入れると表面がまず凍り、中身はまだ凍っていない状態で水の中に入れると中はまだ元気で、30秒から1分ぐらいで表面が溶けると、動き出すことができる。

本物であり、トリックでもある動画。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE