バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

小室哲哉が世に送り出してきたアーティストで振り返る功績

   


この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■不倫疑惑により引退を決意した小室哲哉

疑惑が報じられた看護師との男女の関係を否定したが、「僕なりのけじめとして引退を決意しました」と発表した

■J-POPに与えた功績は計り知れない

プロデュース作品の総売り上げは約1億7000万枚超。一時代を築いた男が、あまりに突然に表舞台から姿を消す

■偉大なる天才を惜しむ声が相次いでいる

私が人生でいちばんJ-POPを聞いていた時期って小室さんの黄金期と重なるんだよな。その後の色々にも胸が痛んだけれど、今回の会見はもうほんとに泣けて仕方がない。

小室さんがいなくなったJ-POPは寂しすぎる。自分の青春は彼の音楽と共にあった。きっと、日本中のファンの声が彼を蘇らせてくれる。信じている。

だからこそJ-POP最盛期=小室さんの時代と思っている。ミリオンアーティストは数いた時代だけど、やはりシーンを牽引したのはTKその人だったよな

小室の日本の音楽シーンへの貢献度は偉大だろ。文春より価値あるわ。

■天才、小室哲哉が生み出したアーティストを振り返ってみよう

華原朋美

小室哲哉さんがプロデュースする小室ファミリーの中でも屈指の人気を誇りカリスマ的な存在だった華原朋美さん

94年頃よりミュージシャンの小室哲哉と交際を始め、95年9月、小室哲哉プロデュースによるシングル「keep yourself alive」で歌手デビュー

ハイトーン・ヴォイスを駆使した歌唱力で広く人気を獲得し、歌手以外にもCM、ドラマ、バラエティなどで活躍

女優・深田恭子、歌手・浜崎あゆみなど後のアーティストにも影響を与えた

安室奈美恵

東芝EMI時代はポップス調やユーロビートの楽曲を歌っていたが、avexに移籍して小室哲哉プロデュースが始まると、徐々にブラックミュージック色の強い曲が増えていった

小室プロデュースのもとで、安室奈美恵さんは1995年10月発売の「Body Feels EXIT」から、2001年1月発売の「think of me/no more tears」まで17枚のシングルをリリースしています

globe

小室哲哉が、KEIKO、マーク・パンサーと結成した3人組ユニット

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE