バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

うわ~怖っ…「インドを旅行中」のスイス人が襲われ頭がい骨骨折

   


■海外旅行先として選ばれることが多いインド

白亜の世界遺産タージマハルや、母なる川ガンジスに抱かれた都バラナシ など見どころ溢れる国 インド。

各都市には先人が命をかけて築き上げた世界遺産が多数点在しており、 愛の霊廟「タージ・マハル」を始め、インド3大石窟群「エローラ石窟群」や仏教四大聖地の1つである「マハーボディ寺院」

「ハマる人は何度でも行きたくなる、ダメな人は二度と行きたくないと言う」インド旅行に興味のある人なら、一度はこんなフレーズを耳にしたことがある

■そんなインド旅行だがショッキングなニュースが入ってきた

世界遺産タージマハル(Taj Mahal)付近で、スイスから観光で訪れた若いカップルが数人の男に襲われ、男性が頭蓋骨骨折、女性(24)が腕の骨を折るなどの大けがを負った。

アグラ市の鉄道駅近くで男たちのグループが2人に近づき、一緒に自分撮りを要求し、その後に石で2人を襲撃したという。

また、その場に居合わせた人々は路上にうずくまる2人を携帯電話で撮影していたと、同紙は報じている。

AFPの報道によると、警察が襲撃犯のうち何人かの身元を特定でき、1人が逮捕された。現在捜査している。襲撃犯のうち数人は未成年である可能性が高いという。

「もし本当に未成年であれば、犯人たちは法律により少年裁判所へ送致される」との認識を示した。

地元警察の話です。

犯行の動機は明らかになっていないが、インドでは性的暴行事件の発生割合が他国に比べて比較的高いため、欧米各国は旅行者に注意を呼び掛けている。

■今回の事件に限らず、インドは治安に問題があるとされている

夜間には絶対に一人で外を歩かないこと。同行者がいても性的暴行の被害に遭う危険性が高く、インド国内でも深刻な問題となっている。

2019年までに世界6位のビジネス旅行市場になると予測されているインドだが、女性にとって危険な国として世界でも悪名高い。

インドを旅した方々のブログを読んでも、盗難、詐欺、恐喝と、耳を塞ぎたくなるような体験談の数々。

事前のネット情報でも、かなりボッタクリが多いから気を付けろといった報告がある。

客引きに連れられて乗ると、相手は取れるだけ取ろうとします。客引きとドライバーで分けることになるので、その分ふっかけられますし、関係ない店に連れていかれることもあります。

オートリキシャを利用する際の注意点です。

「詐欺をするならまずは日本語の勉強からだ」と、インドのあるぼったくりガイドは言っていた。

■野良犬にも注意が必要だ

インドは本当に犬が多いです。もちろんご存知の通り「牛」も道端に多くいるのですが、絶対数から言えばやはり犬の方が上。

狂犬病を発病している犬はよだれをダラダラ流し、目がすわり、攻撃的になり手当たり次第噛みついたりします。そのような犬を見かけたらすぐに離れるようにしましょう。

インド来て数時間でタクシーに騙され、くそ治安悪いところ連れてかれ、ゾンビみたいな人に襲われかけw野犬が大量にいて、おれの思ってたデリーの100倍夜やばいすw

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE