バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

シンゴジラだけじゃない!日本アカデミー作品賞ノミネート5つ

   


3月3日、日本アカデミー賞が楽しみですね~

日本アカデミー賞って今日か!!

今日が日本アカデミー賞というだけでどれほど1日が頑張れたか、、
早く見たいぞぉぉぉぉぉ☆彡

シン・ゴジラ

「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。

庵野秀明と『進撃の巨人』シリーズなどの樋口真嗣が総監督と監督を務め、日本発のゴジラとしては初めてフルCGで作られた特撮。

今更だけどシン・ゴジラ見に行こうかな。。。

“ゴジラ”と名付けられたその巨大不明生物と、自衛隊との一大決戦の火蓋がついに切られた。

怒り

「怒」という血文字を残して未解決となった殺人事件を巡って、千葉、東京、沖縄の3つの舞台で描かれる群像劇となっています。

名実ともに日本を代表する名優・渡辺謙を主演に、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡と日本映画界トップクラスの俳優たちが共演。

2016年の個人的ベストオブ映画だったから「怒り」みなさん観てほしい

悲しみを抱えながらも生きるために前を向くことが、いかに尊い行いであるかを、強く実感させられるはずだ。

64-ロクヨン-前編

『半落ち』などの原作者・横山秀夫が執筆した小説を、佐藤浩市ほか豪華キャストで映画化した犯罪ドラマの前編。

未だ未解決となっている少女誘拐殺人事件の解明に挑む刑事と、彼を取り巻く人々のドラマが描かれる。

64ロクヨンっていう映画が気になっているが、あれテレビで放送されることはあるんだろうか……。つか、映画と原作だとどっちが面白いんだろう。やはり「原作を読んだほうがいいよ!」パターンなのかな……。

原作とは異なる映画ならではのエンディングに、見る者すべてが慟哭する。

湯を沸かすほどの熱い愛

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE