バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

IT業界の巨人「Google」が制圧できないソーシャルという壁

   


■Googleがソーシャルサービスをひっそりと終了

Googleは、2016年5月に立ち上げたソーシャルサービス「Google Spaces」を4月17日に終了するとヘルプページでひっそりと発表

2016年5月16日のサービス開始から、ちょうど11カ月でその幕を閉じることになりました

ユーザー数の増加が見込めなかったのか、サービス開始から 1 年も経たずに終了となります

■サービス終了となった「Google Spaces」ってどんなサービスだったの?

「Google+」的なUIを持っており、動画やコメント、ウェブのURLなどを貼り付けられる

「〇〇の部屋」とか「△月〇日BBQ」といった名前でスペースを作って、招待したい人にスペースのURLを送ると招待できる

■Googleはこれまでにも数々のソーシャルサービスで失敗を繰り返してきた

あらゆる分野、業界を支配してきたGoogleだが、一つだけ明確に失敗したと揶揄される分野がある、それがSNS

Googleはこれまでも幾つかソーシャルサービスを立ち上げているが、なかなか軌道に乗らない

GoogleはSNSやコミュニケーション色の強いサービスを苦手としていると言われています

■大きなプロモーションを打った「Google+」もいまいちパッとせず

グーグルが運営するSNSであるグーグルプラスは、LINEやツイッター、フェイスブックなどに比べると存在感が薄い

これだけ大きな企業であるGoogleが大々的にプロモーションし、活用を促しているにも関わらずなかなか思ったようにユーザー数は伸びません

GmailなどGoogleのアプリ群にログインするためにGoogle+を使う人はいても、人とコミュニケーションを取るためのSNSとして活用している人は少ない

■これまでに多くのSNSを閉鎖してきた

Googleが初めてソーシャルネットワークの分野に進出したサービスで、ブラジルやインドなどで多くの利用者を集めていた

2011年3月時点では、ブラジルにおけるOrkutユーザーは3270万人でFacebookの3倍だったが、半年後にはFacebookに追い越された

サービス終了の理由を、「Google+」「YouTube」など新たなSNSが「Orkut」を上回ったためとしている

Google Waveは「電子メールにかわるコミュニケーションツール」になるかもしれないと期待されたサービス

2009年5月28日に開催された開発者向けのカンファレンス「Google I/O 2009」で発表された

2010年5月にはサービスを一般公開したが利用者が増えず、同年8月4日に開発中止を表明

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE