バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

もしもの為に準備しておきたい「充電防災ガジェット」5選

   


▼ もしもの時のために持っておきたい。

◇ 安全ハンマー&ナイフ付き懐中電灯(バッテリー搭載)

防水懐中電灯 長時間、耐用 5200mAhのモバイルバッテリーで長時間に使用できます。 3段階調節モード搭載する 高-中-低を調節できる3段階調節モードを搭載します。

SOS 信号をも搭載します。 出力自動認識技術を搭載する5200mAhのモバイルバッテリー 接続されたデバイスを自動的に検知できて、最適なスピードでデバイスに急速充電を行えます。

防水なので、水系の災害が来ても使えます。3Wとなかなか強いLEDと5200mAhのバッテリー搭載しているのでモバイルバッテリーとして使えます。防水&耐衝撃であり、工業規格「IPX6」の防水性能をもっています。

◇ ろうそくの火と水で発電するアイテム

使い方は至ってシンプルで、本体上部の黒いカップに水を入れたあと、メッシュ状になっている黒い金属板を加熱するだけ。加熱される金属部と水の入ったカップ部の温度差で発電するしくみです。

一番目を引くのは、その給電電圧。
通常のノートPCのUSB端子と同等の給電電圧がでるそうなのだ。

このFlameStowerは、発電・充電のみに特化しているのでユニットをかなり小さく折り畳むことができ、携帯するのにとても便利なのが特徴的。

◇ もしもの時のソーラーチャージャー

使い方はとても簡単!ソーラーパネルを直射日光に当て、本製品へ太陽エネルギーを集め、端末デバイスへ接続するだけ。 更にモバイルバッテリーと接続すると、太陽エネルギーを蓄電できます。

非常時にも安心: 日頃のご使用だけでなく、旅行・ハイキングや地震 ・ 災害時にも非常用電源としても大活躍!また、アウトドアでは、本体に空けられた穴を使用し、リュック、バックパック、テント、木などに簡単に取りつかることができます。使い道が広いです。

◇ 単三電池で充電可能なキーアクセサリー

定期的に充電をせずとも使えるので、大変便利です。 スマホ充電の際に必要なのは、どこでも簡単に入手可能な家庭用の単三電池2本のみ。

◇ やっぱり安心?な手回し式充電ラジオライト

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE