バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

騙されるな!求人広告から見破る「ブラック企業」の気配

   


■求人広告に潜む「ブラック求人」

労働者を酷使し、使い捨てる「ブラック企業」。そんな企業に人を呼び込む情報を、最近では「ブラック求人」と呼びます

■そんなブラック求人を見破る方法

応募条件が緩い

「ノルマなし」「学歴不問」「未経験歓迎」「ブランクOK」「転職回数不問」「すぐに月収○○万円」など、求人広告でやたらと採用ハードルの低さを強調している企業は要注意

応募条件が緩すぎる会社は、労働者をただの消耗品と考えているおそれもあります

謎のアットホームアピール

ブラック企業は外面を気にしています。そのため、外部には「社員同士の仲のよい、アットホームな職場です」とアピールする傾向が強い

実はこうした環境をウリにしている会社は、他のアピールポイントがないことがほとんど

このような求人広告を見かけたら、社風以外で、よりどころにできる強みがある会社かどうか、じっくり確認しておく必要がある

求人広告の掲載がいつも掲載されている

求人広告の基本の掲載期間は決まっています。にもかかわらず、募集期間の長い企業やいつ見ても掲載されている企業には注意してください

常に求人募集をかける会社は、人が居つかない会社であろうことは想像できます

離職率が高いため、いつも人材が不足しており、求人広告をずっと出し続けなければならなくなっています

大量募集をかけている

社員数に対して募集人数が相対的に多い会社は、人が足りていない、離職率が高いと推測できます

辞めていく社員が多い割に、なかなか新しい社員が入らないため結果的に採用人数が増えます

給料が高すぎる

求人サイトで目立つためにも給与を高く設定しているケースが多い

もちろん中には本当に給料が高いところもあるのでしょうが、そういうところは何かしらの資格やスキルなど、専門性の高いことを求められないとおかしい

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE