バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

これも時代の流れか…昔は平気でタバコが吸えた場所

   


■どんどん肩身の狭くなる喫煙者

近年は路上や駅のホームが禁煙になったり、飲食店でも分煙や禁煙のお店が増えるなどして、禁煙が進んでいる

■知ってました?昔はこんなところでもタバコが吸えたんです

飛行機

昔って言えば、昔は飛行機のシート手すりに灰皿が付いていて、喫煙者、禁煙者の区別なんかなかったから、吸わない人の横で思いっきりタバコ吸っていた

かつての飛行機は喫煙席と禁煙席が分かれていて、なんと座席には灰皿が完備されていた

以前はライターを何の規制も無く飛行機内へ持ち込み、堂々とタバコに火をつけていました

離陸、着陸のときはアナウンスが入り、今だけタバコはお控えくださいと言っていた

駅のホーム

そういえばさぁ、昔は駅のホームでタバコ吸えたのにねぇ

若い人には信じられない話だとは思うんですけど、昔は特に制限も無く駅のホームでタバコ吸い放題だった

1990年代には、駅員さんがチリトリでタバコの吸い殻を集めていた様子を良く見かけた

電車が近づいてくると吸い殻を線路にポイ捨てなんて光景も当たり前のように目にしました

電車

そう言えば、昔は電車の中でもタバコ吸えてたよなー。

電車の肘掛には大抵灰皿がついていて、おじさんたちはその灰皿でタバコを吸うっていうのが定番でした

特急や急行列車はもちろん、普通列車でも、関西の快速、新快速を含め、中距離電車といわれる各車両には灰皿が設置されていた

バスの車内

昔はさ、うちが田舎だからか知らないけど、バスに灰皿付いてたんよ。今思えばバス内でタバコとかいてまうぞワレ

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE