バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

ここまできたか!アプリで育てた「タチコマ」に会えるぞ!

   


◆コミュニケーションロボット「タチコマ」の展示が始まる

渋谷マルイ(渋谷区神南1)7階「I.Gストア」で12月23日、2分の1サイズで再現したコミュニケーションロボット「タチコマ」の展示が始まる。

店舗への集客や売り上げへの貢献などの効果を検証する。経済産業省の「ロボット導入実証事業」の一環で実施する。

◆攻殻機動隊に登場する人気キャラ「タチコマ」

機械的ながらもしゃべることが出来る上、ボディランゲージやジェスチャーを駆使してコミュニケーションをとろうとする。

なぜか無邪気な子供のような性格に設定されており、非常にかわいい。

◆「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」の一環として開発された

「攻殻機動隊」に描かれている数々の近未来テクノロジーの実現を追究するプロジェクト「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」の一環として開発。

2016年4月29日と30日に開催されたニコニコ超会議では、「外装検討モデル」の展示がされていました。

その後、外装の許可がおり、さらに経済産業省の『ロボット導入実証事業』の補助金を得ての実証実験となります。

◆12月16日からはアプリ「バーチャルエージェント タチコマ」が配信された

karakuri productsが12月16日から配信中のスマートフォンアプリ「バーチャルエージェント・タチコマ」

「バーチャルエージェント タチコマ」は記憶をなくしたタチコマの記憶を取り戻すというゲーム。タチコマの質問に答えていくことでタチコマの反応が様々に変化していくという。

タチコマとの会話やユーザーの行動によって性格が変化し、タチコマを育成できるとしている。

◆このアプリで育てたタチコマにリアルに会える

アプリ内のソフトウェアのエージェント・タチコマが、店頭のロボットのタチコマと同期することで、各ユーザーが育てたタチコマと現実世界での出会いを演出する。

来店客が店舗内のテーブルにiPhoneを置くとビーコンをセンサが検知し、店頭の1/2スケールのタチコマと、アプリ内の"バーチャル"なタチコマが同期。

育て方によっては生意気になったり、丁寧な口調で話したりすることもあるといい、「自分が育てたタチコマにリアル店舗で会える」という点が最大の特徴となっています。

◆さらに、予約商品をタチコマから受け取れるサービスも予定されている

来店すると、店舗内に設置されたビーコンをセンサが検知。店舗内のリアルエージェント・タチコマとバーチャルエージェント・タチコマが同期することで、あなたが育てたあなただけの「タチコマ」から予約購入商品を受け取れる。

こちらの開始日は未定となっていますが、日程が決定次第I.Gストアのホームページ、もしくはアプリ内のお知らせにて告知するとのこと。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE