バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

また言ってしまった…災いを招く「なんで?」の使い方に注意しよう

   


▼つい言ってしまう「なんで?」「どうして?」の言葉たち。


Photo by Paul Bradbury / OJO Images

人と話している時、何気なく「え、なんで?」「どうして?どうして?」と理由を聞いていませんか?

▼正直「なんで?」と聞かれても、言われた方は困るんだよね…。

なんでって言われても…人と話す前に話す理由なんて考えないよ?うーん(´・_・`)

なんでって言われても特に理由はないけど…

なんで?!って聞かれてもこっちがなんで?って感じよwwww

▼この「なんで?」って、実はあまり言わない方がいいみたい。


Photo by Tay Jnr / DigitalVision

「なぜ?」「なんで?」「どうして?」は、
使い方にちょっと気を配る必要がある言葉みたい!

本人にそのつもりはなくても「議論をふっかけられた」と感じ、「疲れる」「しんどい」と株を落としてしまいます。

▼どうして?その理由とは…?


Photo by Medioimages/Photodisc / Photodisc

言われた相手が「戦ってやる!」と言う気持ちになってしまうことも。

反射的に口から出てしまうことも多いのですが、言われた方はほぼ例外なく責められたと感じて腹立たしさを感じます。


Photo by Medioimages/Photodisc / Stockbyte

「なんでこれが好きなの?」と聞かれた時、なんでって言われても…と思うことってありますよね。

適当に「なんとなく」「別に意味はない」なんて言ってやり過ごす


Photo by James Woodson / Photodisc

話すのが面倒になる…。

理由や原因を問うことは相手の脳に理性を求め、
せっかく楽しくなっている相手を醒めさせてしまいます。

相手が委縮してしまうような「なんで?」には相手を否定する気持ちが込められています。『自分は正しい事を知っていて、相手は間違っている、又は無知である』という先入観から生まれる「なんで?」では心を開いて本質を見せてくれるはずがありません。

▼カップルや夫婦でも注意!ケンカの原因にもなり得ます。


Photo by Martin Barraud / OJO Images

売るつもりのなかったケンカを自分が売ってしまったような結果を招く、責めるような言い方の「なんで」の使用は避けましょう。

心をゆるしている分、
心で思う本音がちょっとした皮肉みたいなセリフとなって出てくる。

なんで?と聞いてくる人は、大体自分が正しいと思っています。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE