バナナはおやつに入りますか?

雑学まとめブログ

怖い…いま蔓延している「インフル」級のウイルスたち

   


流行してるのはインフルだけじゃかなった…

11月24日、東京都は同じ日にノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の「流行警報」と、インフルエンザの「流行開始」も発表

厚労省は例年12月の中旬頃にピークとなる感染性胃腸炎の多くは、ノロウイルスによるものであると推測しており、注意を呼びかけ

ノロウイルスによる食中毒は冬季に多く発生します。感染すると、1~2日で発症し、おう吐、下痢、腹痛、発熱などの症状を起こします

小中学校で猛威をふるっている

11月28日、神奈川県厚木市内小中学校で、感染性胃腸炎による学年閉鎖がありました。

ロタウイルス胃腸炎は冬季に流行し、11月から4月に多くみられます。潜伏期は約2日です。嘔吐と水様下痢が3~8日続きます

多くの場合、「高熱」となるそうです。

幼児や学童で多くみられますが、殆どが2歳未満です。成人も感染することがありますが、この場合は感染した子どもの家族にみられることが多いです

一見、風邪の症状と間違える

RSウイルス感染症の報告数は9月以降急増し、過去10年の同時期と比較して最多

感染経路は飛まつ感染と接触感染で、発症の中心は0歳児と1歳児

代表的な症状は、水のような鼻汁、鼻づまり、ひどい咳、むせるような咳、呼吸をさぼる無呼吸など

小学生以上の学童や成人の場合、鼻から感染し、風邪程度でおさまる事が多い

感冒のような症状、気管支炎症状のみである場合が多いことから、RSウイルス感染症であるとは気付かれてない年長児や成人が存在

高熱や下痢など、様々な症状を引き起こす

愛媛県西条市では11月28日に、嘔吐下痢症(ウイルス性胃腸炎)、溶連菌感染症、RSV感染症、アデノウイルス感染症などがみられた

高熱が続き、目が赤くなる(咽頭結膜熱:プール熱)、扁桃が赤くはれて膿がつく(扁桃炎)、下痢(胃腸炎)など

重症化しやすいので、軽視するのは危険

感染拡大を防ぐには…

タオルなどの共有を防ぎます。また、患者本人は何と言っても脱水症状が一番危険ですから水分補給に十分に注意します

感染拡大を防ぐためにも、なるべく患者は隔離し嘔吐物や便などは触れないように工夫し、空気中にも散漫しないよう注意します

処理するときは使い捨てマスクを着けて。ウイルスは乾燥すると空気中に漂うので、ビニール袋に密封して捨てる

家族が感染してしまった場合は、吐物で汚れた衣類や床などの消毒を素早く行うことが重要

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE